腰部脊柱管狭窄症の症状|悪化の前に病院を受診しよう

先生

間欠性跛行が出たら

Female

腰部脊柱管狭窄症は腰椎の変形などによって起こります。足のしびれ、間欠性跛行が主症状です。予防には運動が大切。発症してしまったら、前かがみでできる運動が楽です。鍼灸やリハビリで改善がなければ手術も可能です。

» 読んでみよう

脊柱管が狭くなる病気です

腰や足の痺れは腰部脊柱管狭窄症の初期症状の可能性があります!不調が続く場合は専門機関を受診しましょう。

頸部と腰部に起こりやすい

Hospital

脊柱管狭窄症とは、簡単に言うと脊柱管が狭くなる病気です。そして、頸部と腰部の椎骨で多く発生します。椎骨とは、脊椎を構成する骨の1個1個を指す言葉です。脊椎は上から順に、7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、そして仙骨と尾椎へと続きます。椎骨と椎骨の間には、クッション性を持った椎間板があり、椎骨同士の衝突や摩擦を軽減しています。そして、椎間板の背側には脊髄を入れる脊柱管が開いています。脊髄は、脊柱管の中を走る大脳から続く太い神経の束で、腰椎に入ると末梢神経の束である馬尾神経へと移行します。そして、頸部の椎骨にある脊柱管が狭くなると、頸部脊柱管狭窄症と呼び、腰部の椎骨にある脊柱管が狭くなると、腰部脊柱管狭窄症と呼ぶのです。

間欠性跛行を示します

頸部脊柱管狭窄症では腕に痛みやしびれが現れますが、腰部脊柱管狭窄症では脚に痛みやしびれが現れます。そして、この脚に出る痛みやしびれを、坐骨神経痛と呼ぶことがあります。腰部脊柱管狭窄症が悪化すると、歩くのが苦痛になり、間欠性跛行を示すことがあります。間欠性跛行とは、休憩を取りながらでないと歩けない、病的な歩行状態を示す医学用語です。逆に言えば、間欠性跛行が見られる場合は、腰部脊柱管狭窄症の可能性が高くなります。そして、詳しい診断はMRI等を使って行います。腰部脊柱管狭窄症の治療は、脊柱管を狭めている骨や椎間板等を取り除くことで行います。今では内視鏡で比較的安全に切除手術ができますが、やはり熟練した名医のいる病院で治療を受けた方が安心と言えます。

腰が痛む時の対処

先生

腰部脊柱管狭窄症の症状は腰の痛みの他に痛みよる歩行と休息の繰り返しをするという間欠跛行が特徴的な病気です。このような症状が現れたら専門医に診察してもらう必要があります。放置しておくと歩行傷害や手術をしても痛みが取れない場合があり危険です。治療は保存療法、注射、手術があります。

» 読んでみよう

保存療法と手術療法の内容

Female

保存療法や手術療法など、腰部脊柱管狭窄症の治療方法は様々です。薬物使用によって改善するケースも現在増えてきています。さらに切開の必要のない手術療法まで登場しています。負担なく行なえ、社会復帰も早めに行なうことが可能です。

» 読んでみよう