腰部脊柱管狭窄症の症状|悪化の前に病院を受診しよう

先生

腰が痛む時の対処

腰が痛む時の診断

先生

腰が痛む場合、主に単なる腰痛、腰の椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症を疑います。腰が痛む以外にしばらく歩くと痛くて歩けなくなり、少し休むと痛みが和らぎまた歩けるようになる症状がある場合は腰部脊柱管狭窄症の可能性が高くなります。ここではこの病気について説明します。腰部脊柱管狭窄症とは脊柱管の一部が変形して中を通る神経を圧迫して体に痛みや障害を生じさせる病気です。原因としては先天的に生じる場合と加齢や無理な体勢や動作を長年にわたり続けた場合に生じるといわれています。腰や足の痛みやしびれの他に先程の例としてあげた痛みによって歩行と休息を繰り返す間欠跛行という症状が現れます。このような症状が現れたら専門医の診察を受けられることをお勧めします。

病気の放置の危険性と治療

腰部脊柱管狭窄症をそのままにしておくと症状が進むおそれがあります。病気の進行自体が遅く一応歩けることから放置しがちですが、酷くなると歩行障害や手術をしても痛みが取れなくなる可能性があります。つまり長年圧迫されることから神経そのものが傷んでしまうので早期に治療を開始した方がいいのです。では治療法としては手術によらない保存療法というのがあります。これは安静にすることや薬物投与、また温熱や牽引のような理学的療法、そして痛みが激しい場合には注射による治療もあります。それでも改善しない場合には手術をすることになります。手術は基本的には神経を圧迫している部分を削ることになります。圧迫している部分が少ない場合は内視鏡で行う場合もあります。