腰部脊柱管狭窄症の症状|悪化の前に病院を受診しよう

先生

間欠性跛行が出たら

足のしびれと間欠性跛行

Female

腰部脊柱管狭窄症とは腰椎の中の神経は通る管が、何らかの原因で狭くなって神経を圧迫し起こる症状です。加齢に伴う腰椎の形の変化が主な原因と言われています。脊柱管は背骨や椎間板、黄色靭帯で囲まれた隙間なので椎間板が飛び出してきたり、背骨が潰れてきたりすると狭くなってしまいます。頸部で起こる場合もありますが、腰部で起こった場合を特に腰部脊柱管狭窄症といいます。症状は背中を反らせた時の足のしびれ、間欠性跛行が特徴的です。歩き始めは何ともないのですが、しばらく歩いていると足に力が入らなくなったり、しびれが出たりして歩けなくなります。前かがみになって休むとまた歩けるようになるのも腰部脊柱管狭窄症特徴です。前かがみになることで腰椎の隙間が広がり、神経への圧迫が減るのです。

日頃から予防を

腰部脊柱管狭窄症を予防するには、日頃からよい姿勢を保つことが重要です。こまめに腰の運動をし、長時間同じ姿勢でいないようにしましょう。また症状が出てしまった場合は、無理な運動は避けます。腰椎を前かがみににすると痛みが和らぐので、自転車こぎがおすすめです。レントゲンで骨の異常があったとしても、周りの筋組織が柔らかければ、神経が通る空間が確保され痛みが和らぐ場合があります。鍼灸マッサージなどの保存治療とリハビリを併用するのも効果があるでしょう。もし、それでも痛みが引かず、歩行などに影響が出たり、足に麻痺が起こるような時には、外科手術も可能です。特に両足に症状が出る場合などは積極的に考えてもいいかもしれません。最近では内視鏡での手術が可能な病院もありますので、専門の医師に相談してみるといいでしょう。